織座委嘱曲「花織」(はなおり)

第7回織座定期演奏(96年4月)のために川崎絵都夫氏に委嘱した曲です。

織座の指揮者稲田康氏と「花織」の相談をする川崎絵都夫氏


以下は,当日プログラムの解説です。

 

僕は音楽を西洋音楽への憧れから始めましたが,いろいろな曲を聞き,あま りうまくもないバイオリンやピアノを弾いているうちに芽生えてきた疑問は,「 なぜ日本には、シベリウスやチャイコフスキーやドヴォルザークのような曲がな いのかなあ...」というものでした。  洋楽の真似事の多い日本音楽シーンで仕事をしながら,「日本の素材を用い ,展開発展させ,聴きごたえがあり,しかも親しみやすいアンサンブルの曲を作 りたい...」との思いが募ってきました。 今回「織座」から委嘱のお話を伺ったときに,その思いを実現するのにとて もよい機会を与えて頂いたことに感謝し,早速作曲に取りかかりました。モデル となるような曲も無く,やや苦労もしましたが,いつも考えていた事を形にでき ,「織座」という今のりにのっているグループに演奏してもらえる!...とい う事で本番の演奏を心から楽しみにしています。ありがとうございました。

* 風の章 東北地方のわらべうた(6小節)による変奏曲。大地を,空を海を渡 る様々な風のイメージです 。
* 哀の章 やや寂しげな雰囲気を持つAと,哀歌のようなBでA−B−Aの三部 形式をとっています。
* 舞の章 雅楽のような雰囲気も併せ持ついろいろな舞曲。三種類の舞とそれか らつなぐ部分からなります。
* 火の章 オスティナート的な激しい部分と旋律を唄う部分の対比で躍動感を表 現しています。


川崎絵都夫





2004年4月 第15回定期演奏会での花織。
優しく、親しみやすいメロディで私達が大好きなこの曲を
定期演奏会で取り上げるのは3回目です。




 織座では,多くの合奏団の方にこの曲を演奏していただきたいと思っています。 




CD「花織」 川崎絵都夫作品集2 
収録曲

1.花織  T.風の章

      U.哀の章

      V.舞の章

      W.火の章

  演奏者:邦楽合奏団「織座」(指揮:稲田 康) 

2.秋の舞

  演奏者:琴 三上園東巳  尺八 穂積政美 

       三味線 田辺園由香 

3.蒼月譜  T.Lento〜Allegro

       U.遅く悲しげに 

       V.Allegro

  演奏者:大久保智子  尺八 岩田恭彦

4.春うらら

  演奏者:琴 三上園東巳  尺八 穂積政美 

5.涼月譜  第一章

       第二章

       第三章

  演奏者:二十絃 熊沢栄利子  尺八 米沢 浩 
       






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー